Welcome to my blog

    かっちゃん(KATH-TOR)のモノローグ

    KATH-TOR's ONLINE

    17
    2016  00:35:36

    Reshadeのアンビエントオクルージョンで遊ぶ

    SGスクラッチでアプレンティス服が当たった。
    見事にマイカラーである赤色引くとか運が良い。
    まぁ、ハズレのCC120チケットとトライブーストEX50%なんてのも出たけども。
    pso2 2016-07-16 08-57-01
    もひとつ破けたアプレンティス服も当たってホント運が良い。

    だがしかし、相変わらずメセタが無い。
    メセタが無くて武器もユニットも強化できないので、Reshade弄って遊ぶ。


    いままでReshade1.0使ってたけど、2.0へ置き換え。
    構成が微妙に違ってるので多少戸惑った。

    ついでに、現在Reshade3.0向けに開発中のMXAOってのを組み込んでみた。
    コレがなかなか面白い。

    こいつは、PSOの設定6でもある、アンビエントオクルージョンを追加してくれるヤツで、今回はPSO2のやつと併用。
    MXAOってのは、Marty McFly's Ambient Obscuranceの略。
    あ、略になってない。
    McFXという名前のエフェクト集から来てるかも。

    マーティーマクフライさんが作ったアンビエントオクルージョンですね。
    ソースはここ。
    http://reshade.me/forum/shader-presentation/1874-marty-mcfly-s-ambient-obscurance-mxao-with-il?limitstart=0

    Geforceユーザーなら、NVIDIA Inspectorでアンビエントオクルージョン使ってる人も多いんじゃ無いかな。
    でもこいつ、結構処理が重たいのが難点。

    今回試したMXAOのほうは、GeforceのHBAO+と同じ感じ、プラス、間接光を組み合わせた効果があり、なおかつ処理が軽いと上のリンクには書いてある。
    最初に貼り付けた画像もコレがかかってる。

    面白いのはデバッグモード。
    この画像が、
    pso2 2016-07-16 20-20-24
    デバッグモードで見ると、こうなる。
    pso2 2016-07-16 20-20-03
    ちなみにPSO標準スクリーンショットが撮影した画像はこちら
    ※PSO側アンチエイリアスはオフです。

    真ん中で分かれて左側は、GeforceのHBAO+と同じ影の画像。
    こいつが普通の画像と合成されて、NVIDIA Inspectorでおなじみの影のついた映像になる。

    今回やったMXAOでは、さらに右側にある要素も合成してる。
    右側のは、間接光の画像。
    間接光ってのは、まぁ周辺に反射したり拡散したりした光? そんな感じのものかと。
    そういうのを合わせることで、より現実味のある映像にしようとしてる、のかも。

    もうちょっとわかりやすい画像。
    pso2 2016-07-16 20-05-25
    左側で影の濃淡がわかる。
    右側で、赤い色はたぶんキャラの服の赤色が反射してる光。
    あと、笹の葉っぱも光源の光が反射して緑の光が出てる。
    これらが合成されて表示されるのがMXAOだと解釈してる。

    なかなか面白い。
    なおかつ、NVIDIA Inspectorでかけるヤツより処理が軽いのが良い。

    ただ、なぜかカメラでアップしたりすると、キャラクターとかに影がかからないっぽいので、Reshade標準(MasterEffect)のHBAOと組み合わせてる。
    以前、NVIDIA Inspectorでアンビエントオクルージョンかけてたときは、髪の毛とかに不自然な影の表現になってたけど、こちらの方は違和感がない。

    かわりに、UI系の半透明のものにも影ついたりするので、そちらのほうは違和感あり。
    これはスクリーンショット撮影のときは、UIオフにするから問題なしとしてる。

    まぁ、全く問題が無いかと言えばそうではなくて、
    こんな感じに、
    pso2 2016-07-16 22-13-12
    キャラ選択画面で暗くなっちゃう。
    明るい光源ないから影判定かけちゃってるのかな。
    エステで色が分からなくて困る、なんてことにはならなくて、F12キー押してアンビエントオクルージョン無効にできるようにしたので、そうすれば普通通りの発色になるので困らない。

    と、まぁこんな感じで遊んでみた土曜日の夜。

    今回弄ったReshade2.0のファイルと、前までのReshade1.0のファイルをOneDriveに置いてみたので、試してみたい人は下のリンクからどうぞ。
    https://onedrive.live.com/?id=E560794F9755AE90%2112179&cid=E560794F9755AE90
    ただし、導入は自己責任となるので,その点は注意してもらえればと思う。(と4Gamerでおなじみの表現を使ってみる)
    (スクリーンショット撮ると、pso2binフォルダに画像ファイル貯まってくるので気を付けて!)



    しかし、画質は標準でも満足できるけども、フルスクリーン問題は直す気が無いのかね。
    DirectX9だと、フルスクリーンでないとSLIとかCrossfireXの効果でないんじゃなかったかな。
    CrossfireXつかえるようになれば、Radeonに乗り換えも考えてるんだけど。
    今のままだと、GTX980からの乗り換え先はGTX1080買うしかなくなる・・・

    まあ、PSO2的には乗り換える必要はないんですが。
    新製品でたら欲しくなるのは自作PCマニアのサガ。
    スポンサーサイト

     PSO2 ReShade

    良い記事だね!って思えたら、クリックお願いしますm(_ _)m

    0 Comments

    Leave a comment